About Documentary Dream Center

「イーッカさんとの対話!」ワークショップ

 

アフリカやインドの若手ドキュメンタリストの支援で、高い評価を上げているフィンランド公共放送YLEの名プロデューサー、イーッカ・ヴェヘカラハティ氏を招聘し、上映、レクチャー、トークと合わせて、日本のドキュメンタリー制作者が制作中の企画をプレゼンテーションし、ディスカッションをするワークショップを開催した。

 

【プロジェクト概要】
◆ 日時:2012年9月15日(土) 10:30~17:30 (昼食休憩あり)
◆ 会場:映画専門大学院大学 201教室
◆ 料金:発表者・映画美学校生:無料、オブザーバー:2,500円( 喫茶つき)
     独立映画鍋メンバー:500円引き
◆ 主催:シネマトリックス、ドキュメンタリー・ドリームセンター 
◆ 共催:映画美学校、独立映画鍋、山形国際ドキュメンタリー映画祭、オーディトリウム渋谷、
     ポレポレ東中野 
◆ 協力:映画専門大学院大学、フィンランド・センター、Finnair
◆ 助成:芸術文化振興基金
◆ クラウドファンディング協力:独立映画鍋、モーション・ギャラリー

 

スケジュール
10:30 開会 「フリーダの遺品」(小谷忠典)
11:30 ②「against」(丸山大悟)
12:30 ③「海へ 朴さんへの手紙」(久保田桂子)
13:30 ~ 昼食休憩 ~
14:30 ④「フクシマノオト」(野村知一)
15:30 ⑤「わたしたちに許された特別な時間の終わり」(太田信吾)
16:30 ⑥「さらば団地婦人」(杉本曉子)
17:30 終了

 

18:00 2次会(自費参加) シンシン厨房(通り向かいの中華料理店) 

 

趣旨 【若手ドキュメンタリストによる企画プレゼンと対話の一日】
「ひとりでこつこつ撮りためてきたけど、作品としてまとめきれずに行き詰まっている」
「ドキュメンタリーの構想はあるけど、世界の舞台で通用するものなのか、気になる」
「フィンランド放送の資金提供をねらいたい」― こんな皆さんに応募いただき、事前に6企画を選出します。当日は、作者による各20分程度の発表時間の後、イーッカさんとのオープン・ディスカッションを開催します。一般によるオブザーバー参加も可能な公開イベントとし、発表者とイーッカさんの対話を聞ける機会を、全ての映画制作者や映画ファンに提供します。日英通訳つき。

 

 

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com